2017年07月25日

弔電 電報

弔電は「電報」の一種である事は皆さんご存知ですが、
弔電や電報のあり方も現在は変わってきました。

つい、数年前までは、弔電を送るとなれば、
ntt電報を使用した電話やFAXを使って
弔電などを打っていたものですが、
ここ近年は、インターネット環境が各家庭に
大きく普及した原因もあり、
インターネットを通じて弔電を送れるようになりました。


インターネット電報の会社には色々な会社があり、
弔電の文例や例文、台紙など、様々な種類が用意されていて
バラエティーあふれている訳ですが、
肝心なのは、各電報会社によって
お届け時間や、料金にバラつきがあるので、
よく調べてから申し込むのが良いでしょう。


弔電はお通夜や告別式などが始まる3時間前には
届ける事がマナーでもあります。
事前に式場や時間がわかる場合には、
日にちや時間を調節しながら弔電を打ちましょう。

弔電を打った後は、なるべく早く遺族のご自宅へ
弔問するほうがよろしいです。
弔電、弔問にも、色々とマナーがあるものですね。

【関連サイト】 弔電の文例(例文)@ntt電報で弔電

タグ:電報 弔電
posted by chouden at 15:03| 弔電 電報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。